Facebook&Twitterページ ぜひチェックしてくださいね。


国家資格「社会福祉士」取得!趣味も勉強も充実の学生生活

守屋 敬介さん

趣味・特技  海外旅行・サッカー
出身 埼玉県
職業 日本社会事業大学大学院生

インタビュー

国家資格である社会福祉士の試験に合格し、今年の春から日本社会事業大学の大学院生になった守屋敬介さんにインタビューしました。
高校生の頃の話を聞かせてください。
高校にはサッカーをやるために行っていたと言っても過言ではないくらいサッカーに熱中していました。高校3年生の夏まではサッカー三昧の日々でした。
小学校・中学校・高校と普通校に行っていたので授業で板書したノートを丸暗記したり、自習してどうにか勉強についてけるように努力していました。
英語は特に苦手でテストのたびに丸暗記で乗り切っていました。
高校の先生からも学力的に希望する大学進学は難しいとさえ言われていました。
受験勉強はいつから始めましたか?
高校3年の夏から始めました。
実は高校3年の夏までは英語の5文型もわからないくらい、主語とか動詞とか形容詞とかそいうのもわからないくらい英語が苦手でした。
文法もわからず丸暗記でテストを乗り切ってきたので、いざ受験を考えた時に、まず苦手教科の英語を克服することが必要でした。
部活も引退した夏の頃から「聴覚障害をもつ高校生を支援する」の新宿の塾に行き始めたのですが、情報保障がある中でまなぶことができ、マンツーマン状態で勉強を教えてもらうようになり、初めて理解できたことがたくさんありました。英語の文法はもちろんその一つです。5文型がわかるようになり、一気にこれまでよくわからなかった英語についても理解ができるようになりました。

 

国語は得意でしたが、それでも塾に行き始めてから自信がつきました。
大学での生活について教えてください。
第一志望の日本社会事業大学に入学できてよかったと思うことはなんですか?
講義など全てに情報保障が付いていることです。
講義ごとに受講生の中で情報保障を必要としている学生で相談してパソコンテイクや手話などを選べます。高校の頃は黒板を板書して独学で学習することもあったのですが、当たり前のように普通に自分がわかりやすいかたちで授業を受けれます。
また、聴こえない人同士でしかわからないこともやっぱりあります。校内に自分と同じように耳の聴こえない人がいるので、そういった仲間と出会えて、想いや考えを共有できることも良かったです。福祉を学ぶ人が集まっている大学なので、優しい人が多いと思います。
大学に入ってから手話や指文字で話せるようになりました。

学生生活で楽しいことはなんですか?
勉強はもちろんしているのですが、サッカーをしたり、飲み会をしたり、友達と過ごす時間が楽しいです。
旅行にもよく行きます。
オーストラリアや今年の春にはアメリカ旅行など、海外にも行っています。
現地で日本とは違う様々な文化に触れ、アメリカにいった時には「みんなちがっていいんだ」ということを、すごく強く感じました。

社会福祉士の試験や試験勉強について教えてください。
試験1ヶ月前までなかなかやる気がでなくて苦労しました。
慌てて焦って試験勉強に取り掛かりましたが、常に試験に受かった後の自分を想像しながら勉強に励みました。
大学の仲の良い友人と一緒に勉強することでモチベーションを上げたり、わからないところを教えあったりしたのは大きな成果があったと実感しています。
試験内容は暗記系が多いので、もしこれから試験を受ける人は、早めに勉強を始めることをおすすめします。僕みたいに1ヶ月前に慌てて勉強すると本当に大変です。
大学入試は推薦や一般、センター試験など何回かチャンスがありますが、社会福祉士の試験は一年に一度の一発勝負!その分プレッシャーは大学受験よりもありました。
これからのことについて教えてください。
在学中に社会福祉士(ソーシャルワーカー)の資格に合格しました。
この資格と、学んだことを活かしていきたいと考えています。
例えば、困ったことを相談したいろう者がいたとして、相談しにきたときに、ろう者という同じ立場で同じように手話で話せる相手である自分がいたらきっと安心感につながると思うんです。
そんな風に、自分と同じような立場の人の役に立てたらと思っていますが、今は海外にも興味があります。
高校の頃には英語は苦手で、センター試験のために仕方なく勉強し始めましたが今では英語も苦ではありません。海外旅行にももっと行きたいと思っています。
また、旅行だけでなくワーキングホリデーに興味があり、まだ具体的には決めていませんがもしできることなら行って自分の知らない世界を経験し、いろんなことにチャレンジしたいです。
海外での仕事も含め、もう少しいろんなことを経験しながら、自分のやりたいことをしっかり見極めて行こうと思っています。
進学を志す高校生へメッセージをお願いします。
受験は最後までどうなるかわかりません。
先生や周囲にどんなに無理だと言われても、僕のように合格することもあります。

 

 

とにかく「最後までしぶとく」「根気よく」「諦めず」に頑張ってください。